« 運がない?それともとってある? | トップページ | つれづれに »

2006/01/18

久しぶりに邦画

今夜、久しぶりに映画観ました。
北村薫さんという作家の原作 「ターン」です。
映画のヒロインは牧瀬里穂さんです。
事故で意識不明のヒロインが紛れ込む別の世界・時空。
ひとっこ一人いない、町並みにはちょっと背筋がスーッとしますよ。
原作を熟読していたので、、話の展開には感動は無いんですが、
映像にして初めて感じる驚きはありますね。
この作家、時の3部作ってことで、この「ターン」のほか、
「スキップ」「リセット」という作品があります。
ちょっとSFっぽいのが好きな方にはお勧めです。

あと、「盤上の敵」という作品もなかなかいけます。

自分も随分昔に読んだ後、わりと最近になってBOOK OFFで
古本(100円)買ってまた読みました。
週末、新幹線で帰省する時に車内で結構読んでいます。

ここ一年で読んだのは、幸田真音、雫井脩介、帚木蓬生、土屋隆夫
そしてパトリシア・コーンウェルなど。約30冊くらいですかね。

ここんとこ老眼で文庫本の小さい字がちときついのが哀しい、うっうっうっ!

|

« 運がない?それともとってある? | トップページ | つれづれに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53280/8211802

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに邦画:

« 運がない?それともとってある? | トップページ | つれづれに »