« あとひとつ | トップページ | 文化施設に乏しい? »

2006/05/16

ワイルド・ソウル 上・下

通勤電車用に適当に買ってみた文庫本で、今回はアタリ!
でした。
垣根 涼介 (カキネ リヨウスケ)という作家で、お初です。
Photo

書評で詳しく
書かれているけど、終戦後の南米移民政策に乗っかった主人公達が、その辛酸をなめさせられた相手の
外務省に復讐する話です。
前半はやって言うほど移民生活の大変さや流転の人生が書かれていて、
どよーん、としてしまいますが、後半の復讐劇では、主人公のバカ明るさが
救いとなってスピーディな展開でもあり一気に読めます。
昨日一日(うちに帰って2時まで)で上下巻読んでまったぜ。

|

« あとひとつ | トップページ | 文化施設に乏しい? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53280/10095938

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド・ソウル 上・下:

« あとひとつ | トップページ | 文化施設に乏しい? »