« 久しぶりの最終 | トップページ | ママの NEW PC♪ »

2007/06/15

明日の記憶

この映画、去年から観たいナーという気持ちと観たくないゾ、
という気持ちが揺れていました。
なぜなら、主人公の年齢設定が自分とピッタシでね、なんとな
くイヤだったんですよね。
でも、ここんとこの邦画三昧ついでに借りてしまいました。
Photo_8

渡辺謙が演ずる、バリバリの企業戦士:広告代理店の敏腕部長
が、若年性アルツハイマーに罹って、次第に記憶が途切れて行
く間に、妻や娘、会社や社会との間で様々な葛藤が描かれます。

渡辺謙、この人やっぱうまいなー、と思います。
カッコいい姿と情けない姿を、同一人物で違和感無く演じてます。

自分と同一年齢の主人公の話、なんか我が身に置き換えて色々
考えさせられました。涙も出ました。

樋口可南子演ずる奥さんが、また素晴らしいんです。
全身全霊で夫を支えていくんです。
こんな奥さんに支えられた主人公は、幸せだ(った)と思います
ねぇ。

最後には夫に「貴女は誰?」とついに記憶から消えてしまうのが、
せつないですが。

|

« 久しぶりの最終 | トップページ | ママの NEW PC♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ベルさん
奥さんの立場だと、こんなに尽くしているのに忘れられたらセツナイでしょうね。でも、この映画の奥さんは、それでもいいわ、自分の心の中に2人の想い出があるから・・・と達観しているようにも感じました。

ところで、新しいお仕事、ボチボチ慣れてきた頃でしょうか?
身体と心の健康に気をつけましょうねぇ、他人事じゃないって気持ちです。

投稿: RYO | 2007/06/16 11:52

私も観ました。
ラストのあなたは誰?のところで号泣しました。
自分と置き換えてみたり、夫がそうなったらとか自分がそうなったらとか考える年齢なんだと体には気をつけたいなぁと自覚した映画だったなぁ。

投稿: ベル | 2007/06/16 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53280/15446973

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の記憶:

« 久しぶりの最終 | トップページ | ママの NEW PC♪ »