« 6日目(釧路、湖巡り、帯広) | トップページ | モラ・タメ 初当選 »

2007/07/02

北海道旅行 グルメ編

会社からもらった勤続25年のご褒美の、休暇と旅行券を使ってママと北海道に行ってきました。
行く1週間前にぎっくり腰をやっちゃって、どうなることかと心配でしたが、出掛ける頃にはなんとかもち直して無事に行ってきました。ホッ

行きは新幹線+在来特急
道内はレンタカー・・移動距離は 2,000kmでした
帰りはブルトレの北斗星
という、都合7泊8日の旅程です。

まずは、グルメ編(要は食ったもんのオンパレード)

<初日>

函館までの移動。
なので、昼は駅弁です。
八戸駅の駅弁が美味い!という情報を得ていたので、新幹線を降りるやいなや
駅弁売り場にダッシュ・・・
ゲットしたのはこの2点。「菊ずし」と「青森ぜいたく三昧」
009_1010_1

中身はこれ、
012_21011_1

「菊ずし」は、食用菊をすし飯に混ぜ、うに、ほたて、いか、紅さけ、さばを載せて八甲田の笹でくるんだというものです。いわゆる押し寿司ですな。
「青森ぜいたく三昧」は、うに、いくら、と、大間の本マグロのづけが2枚のっています。

どっちもとってもんまい!

2時頃函館着、その後は市内をぶらぶら散策、夜景見学の前に腹ごしらえだ。
行った店は「井井」という和食ダイニング。
「本日の魚のカルパッチョ」・・・この日はひらめでした。
えんがわがコリコリとして美味い!
半分以上食っちゃってますが、
026

そして、「イモのグラタン」「アボカドのピザ」「揚げ出し豆腐」
027028029

酒はギネスと紫蘇、ジャガイモ、昆布の焼酎をいただきました。


<2日目>

函館の朝といえば、朝市でしょう!
事前チェックにてCPの高そうなこの店に行ってきました。
Cimg0483

ワタシは「巴丼」・・・うに、いくら、ホタテの3色丼です。 ¥1,480
Cimg0480

ママは「銀ダラ定食」  ¥1,000
Cimg0481

それぞれ、岩のりの味噌汁が付きます。
あと、単品で「イカソーメン」¥730 を追加。
Cimg0482

うにもホタテもいくらも、美味くてガツガツとかき込んでしまいました。
あっ ちゅう間に完食・・・朝から元気もりもりって感じ♪

この日は旭川までの長距離移動です。朝からしっかり食ったことだし、
運転だけで身体動かしていないので、昼は軽くSAで蕎麦を。

でもね、おやつには期待です。
元横綱大乃国のグルメ本「スイーツ巡業」で絶賛していた、「北菓楼」の支店が
途中の高速SAにあるんです。
その外観はこんな感じ
Cimg0500

「北菓楼」はバームクーヘンとシュークリームなんかが有名らしい。
バームクーヘンはこの支店でも、作成工程が見れるようになってるんだ。
Cimg0494

ロール上のものを、生地に浸けては焼く、というのを何十回と繰り返して年輪模様を作っていくんですね。

隣接して喫茶室があり、ここで、おやつタイムです。
バームクーヘンのセットとシュー/アイスのセット(共に¥525でコーヒー付き)を頼んでシェアしました。
Cimg0498Cimg0499

バームクーヘンはすごくしっとりとしていて、よくスーパーとかで安売りしているパサパサしたのとはまったく別物です。
美味い!
シュークリームは皮とクリームの種類、作成方法、によって何種類もあるらしいが、これはその中の1品。
ごくオーソドックスなシューです。皮はやや固めのさくさく感のある皮でした。
これも んまいなぁ。

また、コーヒーがとても美味かったです。今回北海道で飲んだコーヒーの中で1番でした。
¥525という価格もとってもリーズナブル!
旭川に向かう手前の砂川というところに本店があり、高速上では砂川SA内に支店があるってわけ。
ここはオススメです。

さて、夕飯だが、北海道グルメのなかで、一度は本場もんを食っておきたかったのがジンギスカン。
大昔、札幌ビール園で飲み放題食べ放題で経験はあるのだが、あれって邪道なんだろうなぁ。
さる情報によると、旭川には道内5本の指に入るという有名店があるらしい。
てなわけで、ここに行ってきました。
「大黒屋」
Cimg0502

6時前に入ったときはまだ空いていたが、あっちゅう間に賑わってきた。
20人も入れば一杯の小さな店です。
肉はラム肉で、3種類のみ。「ラム肉」「骨付きラム肉」「ハーブラム肉」
それぞれ頼んでみました。
厨房への掛け声は「肉2、骨1、ハーブ1!!」って具合です。
カウンターに座ったのですが、座るとすぐに炭の入った卓上七輪が置かれます。
肉もすぐ来ます。野菜はタダで、店の人が勝手に鍋に敷き詰めてくれます。
(玉ねぎ、ピーマン、アスパラ)
肉が来ました。
おー結構肉厚です。(1cm近くあります)

肉厚だけど、柔らかくて美味い!
ここのスタイルはタレは後付けタイプです。

3種類の4皿をペロッと食って終了。
・・・カウンターの真ん中の位置で、目の前に店員が2人こちら向いているロケーションにつき、写真は遠慮しました。イメージはこんな感じです。(雑誌の写真)
01662524


<3日目>

旭川の朝は、ホテルのサービスのおにぎりと味噌汁で軽ーくすます。
Cimg0503

今日は、富良野、美瑛、旭山動物園・・・と定番?ミーハーコース♪

富良野のチーズ工房で牛乳をごっくん
Cimg0513

ファーム富田で、これまた定番のラベンダーソフトクリーム
Cimg0521

そしてお昼は旭川ラーメンの老舗「青葉」
Cimg0537

でチャーシュー麺、醤油味を頼む。
Cimg0536

チャーシューはトロトロでワタシ好み♪
でもスープがちょっとしょっぱくくどい味なのと、なにより麺がストレート麺で、白河ラーメンの太縮れ麺になれたからだ(口?舌?)には違和感があるんだな。なんか、焼きソバの麺を食ってる感じ。
総合的には落第点です。
やっぱ白河ラーメン最高!

午後は動物園を巡って、今夜の宿は層雲峡のペンションだ。

ペンションの夕食
揚げた春巻きの皮?の中にサラダ(えびのカルパッチョ風)が入ったの
Cimg0572
野菜がしゃきしゃきにて んまいわ、これ。

クリームスープ
Cimg0573
これは普通かな。

メインは2種
1、白身魚のソテー、きのこソースがけ
Cimg0575
きのこがんまいぞ。

2、鶏肉のロースト、炒め野菜添え
Cimg0576
タレがちょっと甘いのがもう少し薄ければもっと良かった。

で、飲み物はネット予約者にサービスのワイン(赤・白・・・は、もうカラ!)
Cimg0574
とってもフルーティっつうか、葡萄の味がかなり強いワインでした。
酒というより葡萄ジュースのような・・・
と言いながら全部飲んだけどね、もち。

部屋に戻って、寝酒にはこれ。
Cimg0577
北海道は★が多いな・・さすがに。


<4日目>

ペンションの朝、早起きして周りを散歩。
腹が減ったところで、朝食だ。
Cimg0587
やっぱ、アスパラが美味いぞ。さすが地元。

銀河・流星の滝を見学した後は、一路網走へ。
ちょうど昼に「網走刑務所博物館」へ。
ここは今もある網走刑務所の旧建造物を移築して博物館にしたんですね。
ここの面白いのが、監獄食体験。
¥500で今の刑務所のメニューが体験できます。
(しかも、橙色の囚人服も貸してくれます・・・これはさすがにしなかったが)

今月の監獄食は
Cimg0605

米7:麦3のご飯に煮物が2種、酢の物(ぬた)、汁(蕎麦の出汁のような味)で結構ボリュームあります。
味もなかなかいいです。
今の刑務所は結構いいもん食ってんだなぁ。
山崎努の主演した映画「刑務所の中」の刑務所解説を思い出しました。

午後は、原生花園やオシンコシンの滝(これは凄い迫力!)を見ながら知床ウトロへ。
今夜の宿は、漁師の民宿って感じのところ。
でも、数年前にリニューアルしてとってもオシャレな宿でした。
夕食がこれ。
Cimg0633Cimg0634Cimg0635

1泊2食付で¥7,000と、とってもリーズナブルな宿でしたが、夕食はなかなか豪勢でした。
小さいながらも毛蟹が半パイ、ホタテとイモモチの貝殻焼き、ホッケの干物、ナントカ貝、ナントカの外子、ナントカの白子、ナントカ海老、ジャガイモのグラタン、刺身(タコとマス系の魚)・・・若女将(らしき人)がザーッと説明してくれたんだけど、5日も経つと忘れている!


<5日目>

相変わらず早起きが続く。
宿の周辺を散歩し、カモメ?の素顔をまじまじと見る。
Cimg0639

さーて朝食。
Cimg0642

オーソドックスな和朝食ですな。
味噌汁の具がベビーホタテでした。ホタテの味噌汁は初めて食いましたが、絶品!!
かなり大盛りのご飯をお替りしようと思ったが、この後、遊覧船に乗るので自制!

知床遊覧船を満喫♪  でも海上は寒かったゾ。
知床峠(ガスってた(泣))を超え、羅臼へ、その後は地球が丸いことを実感できる開陽台へ。
確かに地球は丸かった!
この辺は10km、20kmという直線道路が碁盤の目のように配置されています。
ほとんどハンドル操作がいらん地域です。

昼は根室で。
なぜか根室市内だけに流行っているメニュー「エスカロップ」を食す。
老舗の「どりあん」という喫茶店です。
Cimg0676

具が筍のバターライスの上に薄手のトンカツが乗り、デミグラスソースがかかったワンプレートランチです。
変な組み合わせだけんど、美味い!
これで、¥840ナリ。
根室市内であれば、喫茶店や洋食屋ではごく普通にメニューに載っているのに、1歩根室を出ると、ほとんどお目にかかれないという不思議な料理なんです。

納沙布岬でロシア領を眺めてから一路釧路へ。
途中、厚岸の道の駅「コンキリエ」で、休憩。
ここの名物、牡蠣をおやつに、と思ったが、4時過ぎで、ここで食うと釧路の美味いもんが食えなくなるか?ってことで、通過。ちなみに厚岸の牡蠣は年中(Rが付かない月でも)食えるんだそうです。

釧路ではやっぱ、炉ばた焼きでしょう!(発祥の地らしい)
ホテルから歩いていけ、こじんまりしたとこを選ぶ。
「たるげん」というカウンター12席だけの店。
目的は「めんめ」です。
一般的には「きんき」と言いますね。煮付けが多いが、炉ばたでは焼きでしょう。
Cimg0680_edited_1

焼くのに結構時間がかかるので、待ちきれず焼いてるとこを撮ってみた。
でも、真っ暗になったので、画像を編集してみたらなんとか見れるかな。
ようやく焼きあがった「めんめ」、大根おろしと醤油と一緒に食います。
身は脂がのって、甘くて、美味ーーーい!
大根おろしと一緒にするとサッパリ感が付加されいくらでも食えます。
・・・と夫婦2人で、争うように食ったため、写真なし(撮り忘れた)。


<6日目>

釧路のホテルはthomさんオススメの「釧路ロイヤルイン」
ここは朝食が豪華です。焼きたてパンが15種類以上、おかずや飲み物もいろいろあります。
なかで、1人3種のパンを選んでみました。
Cimg0681

ワタシはたまごパン、チーズとハムが入ったクロワッサン、エビフライパン。
どれも美味かった。メンチカツと鶏カラ、サラダ、牛乳、コーヒー

今日は道中唯一の雨の日になってしまった。
摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖 いずれも雨模様でまともには見れず・・・残念。
阿寒湖畔の「レイクスパ たかだ」でランチです。
ここの名物「エゾシカバーガー」だ。
飲み物とセットで、¥550
Cimg0688

2cmくらいある厚肉のバーガー・・・臭みもなく美味い。
肉食ったぞーって満足感が得られます。

午後はオンネトーという神秘の湖(ここは雨もやんで人気もなく素晴らしい!)を見て、足寄経由で帯広へ。

晩飯は「十勝ビール」というビヤホールへ。
外観はくたびれた感じのビルだが、中はオシャレ。南国イメージの内装でハワイアンズみたいな感じ?
地ビールとつまみを頼む。

トマトのサラダ、バルサミコ酢風味
Cimg0698

蒸かしイモの盛り合わせ、クリームソースと岩塩で食う
Cimg0699

カニのフライ、トマトソース添え
Cimg0700

アスパラのフライ、同じくトマトソース添え
Cimg0701

ピザマルゲリータ
Cimg0702

北海タコのカルパッチョ
Cimg0703

タコは少し硬かったが、総じて美味い、特に野菜(イモ、アスパラ)は内地のもんとは別物みたい。


<7日目>

朝はまた、ホテルサービスのおにぎり+味噌汁

お土産の買い物+午前のおやつに「六花亭」本店へ。
広い店内は観光客で繁盛してます。
初めは10時半からの併設している喫茶室でお茶+スイーツの予定だったが、店内にも買ってその場で食すことのできるスペースがあるんですね。しかも、コーヒーが無料サービスで。
お土産を1万以上ゲットした後、ここでしか食えない一品を買って食べたぞ。
Cimg0706

「サクサクパイ」というコルネ状のパイの中にカスタードクリームがたっぷり。
サクサク感を保持するため、店でクリームを注入、3時間以内が賞味期限という一品だ!
なので、店頭でしか食えなんだね。
1個¥125です。プレーンとコーヒー味を1個ずつ買って食べたが、どっちも美味い!
思わず顔がほころんでしまいます。


さて、帯広の昼飯は「豚丼」と相場が決まっているが、帰りの札幌発の北斗星が、当初の予定の便より早いのしか取れず、昼前に帯広を出発しなくてはならなくなった。
なのでしかたない、帯広駅で駅弁の豚丼をゲット。¥1,100です。
有名店「ぶた八」が駅弁も出しているんです。
紐を引くと暖かくなるヤツです。
Cimg0707Cimg0708

札幌に向かう道の駅で食いました。
熱々で、肉も柔らかくて美味い!
ただ、もろ豚丼だけなので、漬物とか箸休め的なおかずがあると良かったです。

本当は、店で豚丼食って、スイーツに「クランベリー」の「スイートポテト」や「柳月」の「三方六」っていう白樺模様のバームクーヘンも食いたかったがなー・・・この2時間の前倒しスケジュールは痛かった。


途中 夕張に寄り、「幸せの黄色いハンカチ」想い出の家を見て、夕張農協直売店でカットメロンを食った。
Cimg0714

甘くて んまい!


予定通り、4時に札幌着。
北斗星の食堂車のディナーは¥7,000もするので予約はしてない。
なので、駅で駅弁をゲット。
個室で早々いただきました。

夏のお祭り弁当 という幕の内と
Cimg0725Cimg0728

DMVっていう名のカップに入った弁当
Cimg0726Cimg0727

北海道は駅弁も美味いなー。

7泊8日の旅、食ってばかりのようでしたが、ジツにその通り!
3食しっかり、ガッツリ食っていましたから、帰ってから体重計に乗るのがコワイです。

今回はかなり欲張りな行程で早周りしちゃったので、次回(があれば)は今回感じたいいところをピンポイントでゆっくりまったりと、また行ってみたいですね。

というわけで、グルメ編はオシマイ ♪♪

|

« 6日目(釧路、湖巡り、帯広) | トップページ | モラ・タメ 初当選 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>ちはるん46さん
1週間分をまとめると。。。たしかにすごいかも。
旭川ラーメン以外はみな美味しくて、いい選択ができたと思っています。
夕張メロン・・・めっちゃ甘くて美味かったですよ!地元まで行った甲斐がありました。

投稿: RYO | 2007/07/07 13:57

すご~い!!グルメ編すごすぎます。
私は函館しか行ったことがないんですが、「きくよ食堂」に行きましたよ。
るるぶに載ってたのかな?
自分で3種類の具も選べるんですよね!!
やっぱり旅行は美味しいのを食べてこそ満足です♪
夕張メロン・・・いいな~♪

投稿: ちはるん46 | 2007/07/07 11:40

>こっつさん
北菓楼のシュークリーム、取り寄せは出来ないんですね!もっと他の種類のも食っとけば良かったかなぁ・・・
ベイビーが飛行機に乗れるようになったら是非 食ツアーに出かけてくださいな。

投稿: RYO | 2007/07/05 12:23

おかえりなさ~い。
すごいすごいすごい!の一言。
北菓楼にも行かれたんですねぇ。
北海道のお菓子屋さんの中では文句なしにピカイチ☆
シュークリームは道内でしか食べられないんですよね~
ああ、私も(食べに)行きたいっ!!

投稿: こっつ | 2007/07/05 09:57

>湯巡りさん
1週間分を書くと結構な分量になりました。
書くのも疲れましたわ。
例の件、13日の金曜あたりいかがでしょうか?

投稿: RYO | 2007/07/05 00:19

一気に読んだら疲れたぁぁぁ、
奥さん孝行でいいなぁ
うちはいつになることやら・・・。
おみやげ話しはあとで江口さんの
ところでね。

投稿: 湯巡り | 2007/07/04 21:16

>thomさん
新作でしょうか?
そういや、スープも新作のようにHPに載っていました。
ママは食後にスープを飲んでたなぁ。
弁天さん、体調は復活しましたか?

>心太さん
今回、根室方面から釧路に入り、翌日は東側を北上して摩周湖方面に向かい、阿寒湖から足寄へ抜けてしまったので、ちょうど湿原を避けてしまいました。
違う季節に、また是非お邪魔したいものです。

>マミーさん
グルメ編にまとめてみると、いかに食ってばかりいたか良くわかりますね。
体重は2kgほど増えてました。ママは秘密らしい。

投稿: ushi | 2007/07/04 12:30

おかえりなさぁい!
旅先からのレポートを楽しくいや、羨ましく読んでいました~
そしてとどめはやっぱりグルメ編。
今すぐにでも北海道に飛んで行っちゃいそうになりましたよ(^-^;A
こんなにおいしいものばかり食べて体重やいかに・・・?

投稿: マミー | 2007/07/04 06:44

グルメも充実していましたねぇ。
次回は湿原をご案内しますよぉ~。
冬の道東もおすすめです。ぜひ。

投稿: 心太@釧路 | 2007/07/03 23:30

エビフライパンがなかった~! と、弁天様が叫んでおります。

一気にグルメ編読みました。お腹空きました。うぅ。

投稿: thom | 2007/07/03 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53280/15614185

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 グルメ編:

« 6日目(釧路、湖巡り、帯広) | トップページ | モラ・タメ 初当選 »