« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/27

白河ラーメン食べた(25)

震災から2週間経ちました。
毎日、会社の事務所から使えそうな機材を運び出したり、
部下の安否確認や、今後の業務体制の打ち合わせや・・・
もろもろでバタバタしているだけのようでした。
曜日の感覚も無くなった感じかな。

この週末は、暫定的な復旧工事が入るため、完全停電の
ため自宅勤務です。
会社のメールチェックと返信をしながら、別画面で白河地方の
ガソリン、灯油の情報をチェック!

西郷村の個人商店のガソリンスタンドで、灯油だけOKってとこ
を2軒見つけ、ポリ缶2本をゲット。(1人1本って制限あるのだな)

そんなことしてるうちに昼になったので、昼飯を食いにGO!
ママと娘は買い物ついでにNOTE君のガソリンをゲットしに那須
方面に出かけていたのだな。
ちなみに、那須、黒磯方面(要は栃木県までは)は今日の時点で
かなり平常に近くなったようで、市内のガソリンスタンドで、並ばずに
満タンにできたそうな・・・
(こんなことなら、灯油ポリ缶も積んでって入れてもらえばよかった)

今日の昼は、久しぶりに白坂の「来来軒」。
肌寒い気候でもあるし、坦々麺¥850 にしてみました。
Ca339888

以前何回か食べた時には、味が薄い(食べ終わる頃にちょうどいい
塩梅)感じだったけど、今日のは最初からしっかり味がしました。
また、胡麻の風味も以前より強く、王道の坦々麺に近づいた感じです。
これで、青梗菜が乗っていればさらに近づくんだけどなぁ。
代わりにザーサイが入っていましたよ。それはそれでオイシイ♪
頭皮や小鼻に汗かいて、美味しくいただけました。


今夜、高校時代の恩師から電話がありました。
年賀状のやり取りは欠かさずしていましたが、35年も前の卒業生に
電話をくれ、無事が分かるととっても喜んでくれました。
ありがたいことです。
直接の授業は受けたこと無いけど、部活(山岳部)の顧問でお世話になり
ました。
70を過ぎた今でも、フルマラソンを走る体力があり、年に何回か、ハワイや
ニュージーランドのマラソン大会にも出場し、4時間で走るスーパー爺さん
です。

先生、いつまでも元気に走ってくださいね。
電話いただき、本当にありがとうございました。
今度帰省したときには、是非一杯やりましょう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/03/22

少し落ち着きを取り戻してきました。

<発生>
地震のとき、会社の自席にいたのですが、初めはここ最近
ある揺れくらいに思って、「まただよー」なんて笑っていました。
でも、なかなか収まらずにどんどん大きくなっていく。
机の上の書類ファイルが床に落ちたり、天井からパラパラと
ボード材の欠片が落ちてくる。
笑ってるどころではなくなって、「もぐれー!」と周りに大声掛けて
自分も大慌てで、机の下へ・・・
直後、1m角くらいの鉄の換気口の枠がドーン!と落ちてきた。
続いて天井ボード材がドサドサと落ち、スチールのファイル棚が
ドドーン、ガシャーンと倒れる。
この頃には、逃げていく机を押さえながら、建物ごと倒壊する?
床が抜ける?・・なんて最悪の事態が頭に浮かんで来て、生きた
心地がしませんでした。

奇跡的に軽傷2名だけで、全員避難。
余震が続き、波打つ中央通路で点呼。
ママと娘にメールするもつながらず・・・
会社は30分ほどで、解散。
一目散に自宅へGO。

自宅はパッと見、大丈夫そうです。
中は本や食器などが足の踏み場も無いくらいぶっちゃけられてい
ます。
すでに、ママが片付けに着手中でした。
TVが一番心配でしたが、ママが押さえて守ったそうです。エライ!
水道、ガス、電気、電話などは当然すべてストップです。
すぐにクルマで飛び出し、水や食料の調達に。
しかし、電気止まってちゃ、やってる店なんか無いわな。
明るいうちに物置の奥から、反射型のストーブを出してきて、灯油を
入れ試し焚き。良かった、捨てないでいて。
暖房はこれだけだもんね。
夕方、青い顔をして娘が帰宅。学校にいる間は子供たちを安全に
帰すことに必死で、帰宅する頃ようやく張っていた気が抜けて、
怖さが思い出されてきたのでしょう。
晩メシは、ろうそくの明かりで 食パンと餅をカセットコンロで炙り、
牛乳とともに流し込む。


<復旧>
寒いし、することも無いので寝ようか、としていたら電気が復旧した。
そこから、ファンヒーターつけて、TV見たら、海岸沿いが大変な津波
だったらしい。(暗くてよくわからん)

ガスが復旧したのが16日、水が17日、電話(ネット)が18日でした。
その間、風呂には2回(スパリゾートあぶくまの無料開放と知人宅で
もらい風呂)、
水は高山西公園を主に毎日通いました。
トイレって結構水使うんだよな~、無い状況になって改めて気づきました。

会社のほうは時間がかかりそうですが、自宅はあとはガソリンと灯油が
通常の供給状態になれば、元に戻るのは割りと早そうです。

余震がしょっちゅうあるので、いつも身体が揺れているような感じも
するし、震度4とか聞いても「ふーん」って感じで感覚が麻痺しても
います。

未曾有の大災害で、亡くなった方のご冥福と、今も苦しい避難所生活
を余儀なくされている方に、一日も早い元の生活への復活をお祈りします。


<原発>
福島県は特に地震・津波・原発事故の三重苦といわれています。
放射能濃度の話でも、人体に影響のあるレベルの千分の一程度で、
なんであんなに騒ぐのかなぁ。
ほうれんそうや牛乳にしたって、一気に何百キロを摂取しなきゃ問題の
レベルにならないってのに、全て廃棄処理だってさ。
正しい判断が出来るデータをきちんと出して、その上で摂取するかどうか
は消費者に任せればいいのに。
うちなら気にせず買うけどね。それでなくても今、(今日もだけど)牛乳や
パン類はほとんど店に並んでないのにねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/03/01

弥生になりて

昨夜、帰りに車の雪おろしをしたけど、湿った重たいものでした。
少しは春に近づいてきているのでしょう。

帰ってみると、医療費控除の還付のお知らせが届いていました。
今年は3週間ほどで処理されました。
そうだ、前の記事では「医療費還付申告」って書いちゃったけど、
医療費還付じゃあなかったね。医療費控除の還付でした。

今日は高校の卒業式でしたかね。休暇とってる方結構いました。
今は夫婦で出席するのが多いとか・・・
息子の大学の卒業式は今月の中旬です。入学式にはRYOが
出たので、今度はママが出るそうな。そのついでに遊んだり、息子
のアパートの掃除・片付けなんぞもやってくるらしい。

さて、息子の就活は結局願いかなわずでした。
しかたない、就職予備校でも行くか?って話をしてたら、昨年に
第一志望で受けた会社の経営する予備校(専門学校)が今春
開設するという情報が入り、そこに行って、その会社を受け直すこと
にしたのだな。
まあ、不本意なところで妥協するより、初志貫徹の方がいいので
しょうがね。
でも金もかかるしなー・・・ますます細る すね ですわ。
すね以外の腹回りとかから かじってくれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »