« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/19

初めての大腸内視鏡検診

お久しぶりです。
今年の人間ドックで、便潜血でひっかかり、本日再検査を受けてきました。
場所は、一昨年「大腸憩室炎」で入院した白河病院です。
今日の検査は大腸内視鏡ってことで、昨日朝から検査食。
おかゆやスープだけの検査食・・・味はまあいいんだけど、腹減った。
今朝は起きてすぐから下剤を1.8ℓ飲みます。
11時に受付け、便の状態の検査(看護師さんに排便後のトイレの色を
チェックされます。)でNGをくらい、さらに追加下剤を1ℓ!

今日は同じ検査をする人が4人もいて、ワタシは3番目。
ドアを隔てた向こう側から、声が聞こえます。
「ううぅ~!」ってなうめき声と、検査師?の「どこが痛いですか?」なんてのが
まる聞こえ!
「そんなに痛いのかよ・・・」って緊張感が高まります。

この病院の検査は、痛みと心配を和らげるため、鎮痛剤と鎮静剤を点滴
します。だから痛くないはず・・・でも痛いのかなぁ・・・

さてワタシの番が来ました。
診察台に上がってすぐに点滴開始。
声は聞こえるけど、なんか遠くで話してるような感じになります。
内視鏡をブスリと挿入される一瞬はイテ!と思いましたが、あとは全然なん
ともないじゃん。
前の人、なんだったんだ?

10分ほどで検査は終わったけど、点滴の影響でボーっとしているので30分
ほどベッドで休みます。

その後、医師の説明が。ドキドキ・・・
「ポリープがひとつありますね。良性だけど、1cm位あって放っておくと腫瘍
化するかもしれないので取りましょう。」

てなわけで、来月ポリープ切除の手術です。(内視鏡手術)

また、前日から検査食とタップリの下剤だわ・・・orz

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »