2010/04/14

久しぶりの読書

新幹線通勤でなくなってから、めっきり減った読書・・・
先週の土曜日、久しぶりに買っておいて「積読」だったのを読んで
みました。
帚木 蓬生(ははきぎほうせい)の「受命」です。
Photo

現役の医者である作者、著作には医療関係も多いです。
特に「エンブリオ」とか、「XX病棟」シリーズ、など結構問題提起する
内容のがあります。
それから、海外と日本とを過去の戦争をからめて描くシリーズ、
「ヒトラーの防具」とか、「カシスの舞い」「三たびの海峡」など、
最後は切なくて涙が出ちゃうような・・・

今回読んだ「受命」
こんなあらすじです(書評より抜粋)
「日系ブラジル人医師の津村は、北京の国際医学会で知り合った
北朝鮮の医師に技術を伝えて欲しいと請われ、招聘医師として平
壌産院に赴く。北園舞子は、職場の会長で在日朝鮮人の平山の
付き添いとして、万景峰号に乗船する。一方、舞子の友人で韓国
人の李寛順は、とある密命を帯びて「北」への密入国を敢行する。
三者三様の北朝鮮入国。だが、彼らの運命が交錯する時、世界史
を覆す大事件が勃発する。衝撃のサスペンス巨編。」

サスペンス巨編って言うのは?ですが、
かの国(北朝鮮)のことを、良くぞここまで書いちゃうね!って驚き
があります。
取材のために一度観光で入国したけど、この小説出しちゃったから
もう入国禁止ですね、なんて対談で語っておりましたが、そりゃそうだわ!
国名、指導者の実名をあげて、辛辣に批判してるんだもの。

拉致被害の家族会の方々なんか、この小説の主人公(当事者)
になりたい!って思うでしょうね。

帚木蓬生の作品は、10作以上読んでいますが、シリアスな内容が
多いんだけど、やりきれなさだけでなくて、最後には少し明るい兆し
っていうか、救い?が込められてるので 読後感が爽やかに感じます。

未経験の方は、是非一度お試しあれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/13

首ったけ?

先週、平日の2晩かけて読んだ、ミレニアム2(上下)、
いや、止まらないです。面白い。
読み終わった日に、なんと、3部作のラスト上下巻が発売に!
速攻でアマゾンで注文、土曜に届きました。
ミレニアム3、「眠れる女と狂卓の騎士」です。
PhotoPhoto_2

まだ、上巻の途中ですので、書評は後日。
でも、相変わらず面白いね。どこでやめるか(明日も仕事だし・・・)悩んじゃいます。

でも、この作家3部作を書いた後で急死しちゃったそうで、もうこのシリーズは
読めないかぁ、と思うと一気に読むのはもったいない気もしてます。

今週も後2晩ほどは宵っ張り(=寝不足)な予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

こんなものを買った(32)

未曾有の大不況の真っ只中で、民間企業に勤めている身、
こんな本を読んだらアタマに血が上るのは分かっちゃいるが、
つい買ってしまった(中古で¥150)。
Photo

元、厚労省の外郭団体 特殊法人日本労働研究機構に勤めていて、
その後退職しフリーライターになった著者:若林亜紀さんの本。

「公務員の異常な世界」 幻冬舎新書版

もちろん特殊な(面白い)部分を強調しているのは分かりますが、
それでも、

公務員っていいよなー・・・

苦境の時期、ついそう思ってしまいます。
あーあ、やっぱこんな本読むんじゃなかった・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/07

ミレニアム1(上・下)

1週間ほど前の新聞の書評欄に、毎日と福島民報の2誌に
同時に載っていて、面白そうだなー・・と思い、アマゾンで取り寄せた。
スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンのミレニアム3部作の第1部。
全世界で800万部も売れたベストセラーだとか、それの日本初上陸!

PhotoPhoto_2

帰りの新幹線と寝る前の1時間ほどの読書タイムで、
この5日で読みました。
--------------------------------
◆内容紹介引用◆
月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレム
の違法行為を暴露する記事を発表した。
だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。
そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調
べていた。
背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベットの働
きで、ヘンリックはミカエルが信頼に足る人物だと確信し、兄の孫娘ハリエット
がおよそ40年前に失踪した事件の調査を彼に依頼する。
ハリエットはヘンリックの一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。
ヘンリックは一族の誰かが殺したものと考えており、事件を解決すれば、ヴェン
ネルストレムを破滅させる証拠資料を渡すという。
ミカエルは依頼を受諾し、困難な調査を開始する。
--------------------------------

初めは、海外ものの翻訳なので、登場人物のカタカナ名(しかもスウェーデン人
の馴染めない名前)に戸惑いますが、ストーリー展開が面白く、またスピーディ
ーな場面切り替えで、グイグイ読み進みます。
主人公:ミカエルのジャーナリストとしての正義、ヒロイン?リスベットの行動力・
知能、スウェーデンの文化・地域性、密室殺人(失踪)や猟奇事件の謎解きと
いうミステリーとしての主線、がいろいろと絡み合って・・・・

久しぶりに没頭して読みました♪

パトリシア・コーンウェルの検屍局長ケイ・スカーペッタのシリーズとか、
ダ・ヴィンチ・コードなんかが好きな方は、ハマルと思いますよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/08

容疑者Xの献身

老眼(情けないけど、トシ相応)もあって、またここんとこ寝不足もあって
ミステリーを通勤時に読むの、ご無沙汰でした。
(要は音楽聴きながら寝てた)

こないだの日曜、宇都宮のインターパークに行った時、併設のシネコンで
でかでかと看板が描かれていた「容疑者Xの献身」という映画
前日の土曜が封切だったようです。
娘も好きな堤サンが順主役を演じてるらしい。

そういや、原作の文庫本、娘が面白かったぁheart04と言っていたし、
リビングのコタツの上にずーっと置きっぱなしになってました。

てなわけで、この2日間で読んでみました。
X

や!面白いです。
TVでもやってたガリレオシリーズの中の一作なんですが、天才数学者
石神と主人公?の、やはり天才物理学者 湯川の頭脳戦 的なところが
結構理系の人間にはハマッタかなぁ。

ミステリーとしても、このトリックは見事でしょう!

唯一、この人(作者:東野圭吾)の欠点(弱点)は、ヒロインの描き方が
足りないかな?ってとこかもしれません。
女性の魅力が描ききれていませんね。
なので、とっても魅力のある石神がそこまで想い込む女性として像を結ば
ない物足りなさを感じました。

読まれた方、あるいは映画観られた方、感想はどうでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/03/13

君たちに明日はない

垣根涼介の小説です。

この作家、「ワイルド・ソウル」でお気に入りになり、娘にも
薦めたところ、彼女も気に入った模様。
そしたら、娘の方が色々と読んでいて、今度は逆に、これ面白いよ!
と薦めてくれたもの。
実家に戻った際、文庫本も持って帰ったので、通勤のお供に昨日
読んでみました。

この人の作品は、軽さと重さがいいバランスで交じり合っているのが
心地よいのかな?

「君たちに明日はない」はリストラ請負会社の面接員が主役です。
コイツがヘンに真面目で、一方で抜けているところもあり、憎めない
役柄です。
リストラ対象の会社や登場人物もいろんな業種で、その業界の問題
も「そうだよなー」とか、「そりゃ甘いよなー」とか、なんか感情移入が
出来てしまいます。

学生には実感湧かないだろうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/05

久々の読書

秋に買って以来、積読になってたのを久々に読書再開です。
通勤車中はしばし睡眠タイムだったんですよねー。
(秋眠暁を覚えず・・・春じゃねぇ!)
 
さて、昨日今日と読んだのがこれ。
516an
 
「犯人に告ぐ 上・下」です。
 
面白かった!
 
真犯人に迫るところは書き込み不足な気もしますが、
サイドストーリーの、捜査情報をマスコミにリークする、キャリアの
上司を嵌めるとこなんか、ジツに面白い!
 
この作者「雫井脩介」は最近ではアノ有名になっちゃった
「クローズド・ノート」の作者でもあります。
沢尻エリカの「別にぃ・・・」で一気に話題になりましたな。
 
さて、この作品、11月に映画にもなってます。
豊川悦司主演だそうで、見てみたい気もしますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

衝動買いのレシピ本

台風9号が来るという6日に、こっつさん というブログ友達の日記に
あったレシピ本「かんたん美味」の記事を読んで、その場でアマゾン
に注文。
翌7日は台風直撃の金曜でした。
そんな台風をものともせず、夕方にはもう配達されていました。(はやっ)
Ca330089

夜帰って、パラパラと覗いてみましたが、結構良さげです。

さて、この本は、日経新聞の土曜版「日経プラス1」に連載されていた
のをまとめたものです。
今は1~3巻まで発行されています。(買ったのはその1)

何がいいかって、かんたん(=材料の数が少ない、使う道具が少ない、作る
手順がシンプル)で、かつ 美味しい!というストレートなコンセプトです。

今夜はさっそく、この中から2品 「たことトマトのバジルサラダ」「ちゃんちゃん焼き」
を作ってみましょうかな。(作るってほどのもんじゃないか、あえる、焼く だけだなぁ)

************************************

サラダの方はこんな具合。
Ca330090

バジルがなかった(スーパーに)ので、ハーブミックスのふりかけにして、
青みがないので、水菜をプラスして彩りを・・・
トマトも湯むき面倒だったので、そのままカット。

ママの感想・・・このたこ固いわねぇ、ホタテとかエビの方がいいわね。

だそうです! 厳しい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/03

久ーしぶりに

パトリシア・コーンウェルの新シリーズを読みました。
「捜査官ガラーノ」です。
Photo
検死官のスカーペッタシリーズも回を重ねて、人物像や周りの
人間との確執や愛憎がだんだん描かれていったので、本作で
も今後に期待!でしょうか。
1作だけ読んだだけでは、主人公ガラーノの人物像がアタマの
中にイメージとしてハッキリ像を結びません。
相棒の年上の女性捜査官もしかり。
初作は分厚い上・下巻くらいの物量で、しっかりと人物の性格
付けをすべきだったかな・・・(本作は薄めの1冊構成:中篇って感じ)

辛口の批評になってしまいましたが、期待しているんです。
スカーペッタシリーズ全巻読破してるんですから。
(全部ブックオフに売っちゃいましたが・・・ハハハ)

スッフィーさん、もう読みました?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

こんなの読んでいます

Cimg0749

まだ、団塊世代には10年あるんですが。
この本、新聞記者を定年退職した人が、「深夜特急」を真似て、「シニア特急」なる
一人旅をした旅行記です。
韓国から中国、東南アジア、インド、中東を巡る約1年にわたる話。

3日間でほぼ読み終わりますが、予想以上に面白いです。
かつて、「深夜特急」も読んだり、ドラマで見たりしましたが、今の自分には世代が近いこっちの方が面白いかもしれない。

さ、あと数十ページ、読みきるぞー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)